*

クロマクリル VS ミラクルペイント フェイスペイント絵の具の頂上決戦!!

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 ►余興のテクニックとノウハウ

余興での白塗りメイクとフェイスペイントのやり方」で頂いた白塗りメイク(フェイスペイント)の簡単なやり方を解説させていただきました。その中で紹介したフェイスペイント用絵の具である「クロマクリル」と「ミラクルペイント」(旧ハガレックス)の使用感を簡単にこちらでレビューさせていただきます。

 

 

1.クロマクリル

オーストラリアの安全基準をクリアした子供用アクリル絵の具。毒性物質を含有していないため、フェイスペイントとして使用しても、安全性が高いのが特徴です。東急ハンズなどでは20色ほど販売されているようですが、今回は白色です。内容量は75mlと、普通の絵の具と比べると大容量!!

値段はAmazonで1000円程度ですね。
IMG_0134
とにかく大きいのが特徴です。比較のために単三電池を並べると↓このとおり。
IMG_0135
これだけ大きいと、躊躇なく顔全体を塗りたくることができます。5人以上の顔を塗る場合でも大丈夫じゃないでしょうか。

実際に肌に塗ってみます。
IMG_0141
普通の絵の具を塗る感覚と変わりありません。アクリル絵の具らしく、非常に発色も良く、綺麗な白色が出ていますね。これなら十分に存在感のある”白塗りメイク”ができます。ちなみに塗る時は100均で購入した平筆を使用しました。
IMG_0139

2.ミラクルペイント(旧ハガレックス)

次にミラクルペイント。もともと「ハガレックス」として商品展開していましたが、途中でミラクルペイントに変えたようですね。
天然ゴムラテックスを原料として使用しており、絵の具が乾くと、ゴムのようにペロンとはがすことができるのが特徴です。用途に”肌用絵の具”と銘打っているだけあって、安全性は信頼できそうです。

今回は↓の4mlチューブ(約300円)を使用しました。
IMG_0136
単三電池と大きさを比較すると・・・
IMG_0137
ち、小さい・・・。部分的なペイントなら、これでも大丈夫でしょうが、顔全体を塗るには厳しそうです。その場合は、55mlの容器タイプも販売されているので、そちらを購入した方が良いでしょう。値段は2,600円程度です。クロマクリルに比べると、少々お値段が上がります。

それでは、クロマクリルの隣の左側に塗ってみます。
IMG_0144
こちらも、普通の絵の具と、塗り心地はあまり変わりません。発色もクロマクリルに負けず劣らず、しっかりとした白色が出ていますね。素材が天然ゴムなので、絵の具の伸びが悪いかと思いきや、多少違和感があるくらいで、そこまで問題ではありません。しかも、乾くのが早いです!塗る厚さにもよるのでしょうが、5分程度でしっかりと乾きます。

両者とも、完全に乾いてしまえば、少しくらい触っても色落ちしません。クロマクリルは爪でゴシゴシ削っても、なかなか取れない!色移りも心配ないので、礼服やドレスを着ている場合でも安心です。

3.絵の具の落としやすさ

ここまでは両者ともに、白塗りメイクに使用するには、発色・塗り心地などで十分な性能の有している事がわかりました。
今度は、絵の具を落としてみます。

ここでミラクルペイントの本領が発揮されます。塗った部分の端っこを、爪でちょこっと剥がしてみると・・・
IMG_0146
おお~!!ペロッと剥がれた!!本当にゴムを剥がしているような感覚です。そのまま端っこを引っ張ってやれば、全部一気に剥がすことができます。さすがに旧ハガレックスは伊達じゃないですね。ミラクルペイントであれば、水を使えない環境であっても、短時間で簡単に絵の具を落とすことができそうです。
剥がした残骸を指で引っ張ってみると、ビヨンビヨンと伸びます。本当にゴム素材であることが実感できました。
IMG_0150

一方のクロマクリルは、普通の絵の具を落とす時と同じで、水で洗い流す必要があります。乾いた状態では、爪で引っ掻いても取れないくらいにしっかりと着色されていた絵の具ですが、石鹸を使用すれば簡単に洗い流すことができました。
IMG_0151

4.まとめ

クロマクリル とミラクルペイント、両者ともにフェイスペイントとして使用するには十分な安全性・発色性・耐久性を有しており、オススメできます。あとは、使用するシチュエーションによって使い分けると良いでしょう。
クロマクリルであれば、安価で大量の絵の具を使用できるので、大人数で仮装する際などにはうってつけです。一方ミラクルペイントは、水が使えない環境であったり、即座にペイントを落としたい場合は、最高の絵の具ですよ。

 

スポンサーリンク

関連記事

自作プロフィールビデオの作り方

短めのプロフィールビデオを作ってみて、その作成方法を説明していきたいと思います。 今回紹介させて頂

記事を読む

Windows ムービーメーカーで出来る事とインストール方法

Windows ムービーメーカーの特徴 Windowsムービーメーカーとはマイクロソフト社が無償で

記事を読む

結婚式余興用の無料動画サイト(まとめ)

結婚式や2次会での余興などに、写真や動画を使用して自作のムービーを作り、それを会場のスクリーンに放映

記事を読む

Windows ムービーメーカーの基本的な操作方法(共通項目)

まずは、Windows ムービーメーカーの基本的な操作方法を、分かりやすく画面をまじえて説明します。

記事を読む

結婚式余興用の無料音楽サイト(まとめ)

余興では音楽を使用する機会が多くあります。プロフィールビデオ、エンドロールビデオを作成する際は、何ら

記事を読む

余興での白塗りメイクとフェイスペイントのやり方

余興でコスプレをしたり、仮装をしたり、あるいは変装をしたりする時に、白塗りメイクが必要になる

記事を読む

自作エンドロールビデオの作り方

「自作プロフィールビデオの作り方」と同じように、まずは今回作成するエンドロールビデオの完成形をご覧下

記事を読む

スポンサーリンク

「NO MORE 映画泥棒」カメラ男&パトランプ男の作り方

「「NO MORE 映画泥棒」パロディ」の記事では、NO MO

映画泥棒
「NO MORE 映画泥棒」パロディ

オススメ度 ★★★ ・準備が簡単 ★★ ・万人受け  ★★

空手演武、板割り・瓦割り・バット割り

オススメ度 ★★ ・準備が簡単 ★★ ・万人受け  ★★ ・

domino
膨大な作業から生まれる一瞬の輝き、ドミノ倒し

オススメ度 ★★ ・準備が簡単 ★ ・万人受け  ★★★ ・

ギターが弾けなくてもOK!エアギター選手権

オススメ度 ★★ ・準備が簡単 ★★★ ・万人受け  ★ ・

→もっと見る

PAGE TOP ↑