*

これだけおさえておけばOK、最低限のマナー

公開日: : 最終更新日:2014/06/21 ►余興をやる前に

1-3

守るべき最低限のマナーは当然ある

披露宴における主役は何度も言いますが新郎新婦です。
ですが、主役である新郎新婦は列席しているゲストに、披露宴を楽しんで頂きたいと当然願いますよね。ここでいうゲストとは、両親や親戚・会社関係の方々・同級生・幼なじみまで、身分・年齢は様々です。

ですから、余興を行うにあたっては、これらの方々全員が楽しんもらえるのが、ベストということになります。でも、「全員が楽しい余興内容」って結構難しいんですよね・・・。そこで、最低限のノルマとして「全員が不快な思いをしない余興内容」となるように配慮する必要があります。以下、やってはいけないNGパターンを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

パターン別NGマナー

  • ぶっつけ本番 or 練習不足

よほどの熟練者で無い限り、ぶっつけ本番や練習不足で行われる余興は、たどたどしく不自然なものになってしまいます。ゲストの皆さんも最初は笑ってくれるかもしれませんが、だんだんと痛々しい視線をむけてきます。

どこぞの飲み屋で行う一発芸ではありません。新郎新婦のためにも、ある程度の形になるまで練習しましょう。
(⇒必要なものを揃えて練習する

  • 特定の人しか分からない内容

結構ありがちなNGパターンのひとつです。

特定のグループ内においては、確実に笑いがとれるネタが、たいてい1つ2つあるものです。余興をやる側も、簡単に笑いがとれるので、他の関係ない人を無視して、このようなネタに走りがちになります。

そこはぐっと我慢して、みんなで盛り上がれるような余興内容にすべきです。

  • 行き過ぎた下ネタ

下ネタが一概にタブーというわけではありません。緊張気味のゲストをほぐすため、笑いを誘う程度の内容であれば、むしろプラスの効果があるでしょう。

しかしながら、社会一般の常識から考えて、過激・下品な下ネタは当然NGです。聞いていて気持ちいいものではないですものね。

注意したいのは、友人関係では普段から言いなれた軽い下ネタでも、会社上司や親族間ではNGの下ネタになることが多々あります。「このぐらの下ネタなら・・」と口走ったら会場はドン引き、といった事態にならないように注意しましょう。

  • 暴露ネタ

冗談のつもりのちょっとした暴露ネタでも、披露宴には新郎新婦に関わる様々にゲストが来ていますので、「このネタは○○さんには聞かれたくなかったなー」というようなことになるかもしれません。

それでも、暴露ネタで余興を盛り上げたいと思っているのであれば、一度新郎新婦に確認することがベターですね。

  • 危険物の使用や片付けが困難なもの

「余興をやるからには派手にやりたい!!」という人情は理解できますが、火気や火薬を使用するのは、できるだけ避けましょう。どうしても必要である場合でも、会場への確認は必須となりますので注意して下さい。

また、片付けが大変な余興内容も注意して下さい。披露宴のスケジュールの進行を妨げてしまう恐れがあります。(⇒この余興だけはやってはいけない!

スポンサーリンク

関連記事

そもそも余興って必要なの?

「余興って何のためにやるの?」で説明したように、結婚式で余興を行えば、その結婚式を特徴付ける

記事を読む

2次会の場合は自由度が上がる!?

披露宴と2次会の違い 近年は披露宴が終わった後も、会場を移動して2次会をセッティングするパター

記事を読む

この余興だけはやってはいけない!

前回は「これだけおさえておけばOK,最低限のマナー」として、余興をやる上で守って欲しい一般的

記事を読む

余興って何のためにやるの?

結婚式での余興 「結婚式」 長い人生の中で、数えるほどしかないビックイベントの代表格といえる

記事を読む

Message

スポンサーリンク

「NO MORE 映画泥棒」カメラ男&パトランプ男の作り方

「「NO MORE 映画泥棒」パロディ」の記事では、NO MO

映画泥棒
「NO MORE 映画泥棒」パロディ

オススメ度 ★★★ ・準備が簡単 ★★ ・万人受け  ★★

空手演武、板割り・瓦割り・バット割り

オススメ度 ★★ ・準備が簡単 ★★ ・万人受け  ★★ ・

domino
膨大な作業から生まれる一瞬の輝き、ドミノ倒し

オススメ度 ★★ ・準備が簡単 ★ ・万人受け  ★★★ ・

ギターが弾けなくてもOK!エアギター選手権

オススメ度 ★★ ・準備が簡単 ★★★ ・万人受け  ★ ・

→もっと見る

PAGE TOP ↑